不動産投資を成功に導く極意

現在の不動産投資は、賃貸物件がもたらす家賃収入による安定した収益を目的としたものが殆どです。
その収益を得るためには、最初に入居者を見つけ出さなければなりません。
そして入居率を上げるためには、当然優良物件を選ぶことが絶対条件になります。

優良物件を探す上での基準には、様々なモノサシがあります。
たとえば立地や地価、固定資産税に関係する路線価及び土地の特性(地盤沈下の可能性)、駅までの距離や生活利便施設の密度などです。
この他にも治安や建物の図案、周辺物件の家賃設定などを挙げることができます。

また、物件そのものにも新築・中古・競売品といった種類があり、それぞれに一長一短があります。
新築は新しいため高い入居率を望める反面、取得費用は嵩みます。
その一方、中古及び競売物件は取得時の費用を抑えられます。
ですが、入居者へのアピールは新築よりも劣るため、管理コストは長期的には新築よりも高くついてしまいます。
特に競売物件は破格の安値で手に入る可能性がある反面、取得時に建物内部を見ることができないといったデメリットがあります。

いずれにせよ、想定でき得るリスクを可能な限り洗い出し、その上でリスクヘッジ及びテイクを行うことが不動産投資を成功に導く極意といえます。

Just another WordPress site